現在の位置:  トップページ各消防署からのお知らせ狭山消防署 › 狭山消防署震災対応訓練


ここから本文です。

狭山消防署震災対応訓練

更新日 平成30年3月12日

平成30年3月1日(木)~3日(土)の3日間、狭山消防署(各分署を含む)で震災対応訓練を実施しました。今回の訓練想定は、立川断層を震源とする震度7の地震が発生。埼玉西部消防局管内全域に災害が同時多発したというものでした。各日とも、自宅にいた職員に埼玉西部消防局の参集システムを活用し、非常招集がかかりました。

狭山消防署震災対応訓練


参集途上での被災状況の報告

参集途上での被災状況の報告
消防署へ到着後、参集完了報告をします。

消防署に来るまでに確認できた被災状況をまとめます。
消防署に来るまでに確認できた被災状況をまとめます。

署隊本部運用訓練

署隊本部設置
多数の要請が予想される際は、署隊本部を設置します。

署隊本部運用
現場との無線交信や情報収集を行います。

災害図上訓練

地図を使用し、被災状況をまとめます。
地図を使用し、被災状況をまとめます。

管内の地域特性も把握できます。
管内の地域特性も把握できます。

遠距離送水訓練

遠距離送水訓練

放水訓練

要救助者救出訓練

要救助者救出訓練
倒壊建物などの活動困難箇所を想定した訓練

狭隘箇所での活動
瓦礫が障害物となり、非常に狭い範囲での活動となります

  東日本大震災から7年が経ちました。近年、大規模な自然災害が多発しているなか、埼玉西部消防局管内でもいつ大きな被害を受けるかわかりません。今回の訓練を通して、活動要領、対応力の向上を図る事が出来ましたが、一番感じたことは危機感です。この危機感を持つことによって、充実した訓練を行え、知識を増やすことに繋がってきます。今後も大規模災害に備えた訓練を重ね、一人でも多くの方々を救えるよう、力になれるように努めていきます。

このページに関するお問い合わせ

狭山消防署
〒350-1333 狭山市大字上奥富1172番地
電話番号:04-2953-7111 ファクス番号:04-2954-7715
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページの先頭へ戻る