現在の位置:  トップページ組織・施設のご案内消防局からのお知らせ › 高規格救急自動車寄贈式を実施しました(狭山消防署)


ここから本文です。

高規格救急自動車寄贈式を実施しました(狭山消防署)

更新日 平成30年9月25日

寄贈式

奥富喜平 様
寄贈者   奥富 喜平 様

  • 日 時 平成30年9月25日(火)午前10時30分から
     
  • 場 所 狭山消防署
     
  • 寄贈者 奥富 喜平 様
     
  • ご職業 奥富興産株式会社 取締役会長
     
  • お住い 狭山市在住

寄附の内容

  • 寄附の経緯
      狭山市内に在住の奥富喜平 様から高規格救急自動車1台及び高度救命処置用資機材一式の寄附を受け入れ、寄贈式を実施いたしました。
      奥富様は、50年の長きにわたり狭山市防火安全協会に在籍され会長職を務められるなど、地域の防火安全に尽力されており、親交の深い当局への寄附に至りました。
      当該救急自動車は、「奥富喜平号」と命名し、当局の救急医療体制の更なる充実のため、狭山消防署に配備し、平成30年9月25日(火)から運用を開始しています。
     
  • 寄附物品
    高規格救急自動車(1台)、高度救命処置用資機材(一式)
     
  •  寄附額
     30,855,600円

寄附物品紹介

寄附物品紹介
寄附された高規格救急自動車と奥富喜平 様

  •  高規格救急自動車(1台)
      高規格救急自動車は、救急救命士による高度な処置が行える資機材を積載しています。
      救急車内部は、傷病者の収容部分及び格納庫を拡大しており、また傷病者に走行時の振動を与えないようストレッチャーは緩衝装置のついた防振架台上に積載しています。
  •   高度救命処置用資機材(一式)
      救急隊員は、資格によって実施可能な救急処置が定められています。その中でも救急救命士は、特に高度な処置を行うための研修を行い、認定を受けて処置を行います。
      その高度な処置を行うための資機材が高度救命資機材であり、気道確保のためのチューブ、心臓に電気ショックを与えるための除細動器及び薬剤を投与するための点滴セット等が含まれます。

寄贈者あいさつ

寄贈者あいさつ
奥富喜平 様

来賓あいさつ

来賓あいさつ
狭山商工会議所会頭 清水武信 様

車両キーの贈呈

車両キー贈呈
左:奥富喜平 様  右:小谷野副管理者(狭山市長)

副管理者謝辞

副管理者謝辞
小谷野副管理者(狭山市長)

感謝状及び記念品の贈呈

感謝状及び記念品の贈呈
左:奥富喜平 様  右:荒幡消防局長

記念撮影

記念撮影
記念撮影の様子

寄贈車両(奥富喜平号)

寄贈車両
左:荒幡消防局長  右:奥富喜平 様

このページに関するお問い合わせ

埼玉西部消防局 企画総務部 総務課
〒359-1118 所沢市けやき台一丁目13番地の11
電話番号:04-2929-9120 ファクス番号:04-2929-9127
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページの先頭へ戻る